節約したら貯金しよう 
ネット銀行を活用

家計、節約、暮し

貯金するなら定期預金

ネット銀行を活用

ネット銀行は、店舗を構えてない事から、人件費、不動産などの余計なコストがかからない事から、金利、振込み手数料などの面で、都市銀行、地方銀行に比べて非常に優れています。
ざっと比較してみると、

振込み手数料
(3万未満)
1年定期
(100万未満)
5年定期
(100万以上)
イーバンク銀行 160円 0.81% 0.98%
ジャパンネット銀行 168円 0.88% 0.75%
新生銀行 3回まで無料
以降300円
0.9% 1.0%
都市銀行 210円 0.35% 0.55%
地方銀行 210円 0.35% 0.6%
(2008年1月現在、地方銀行は2007年現在))

金利は2倍くらい高い事が分かります。

ネット銀行を選ぶ時は、金利などはもちろん、ATMの無料利用回数も考慮すべきです。イーバンク、ジャパンネットはATM無料の回数が1〜3回と、頻繁に利用する場合、手数料がかかるので、いくら金利が高くても、手数料分損になります。
最近ちょっと勢いがないとはいえ、イーバンクは、満期特約型定期預金、普通の定期預金も預け入れ期間を問わない高い金利など、高金利で、安定している数少ない銀行です。貯金専用口座としてはかなりメリットがありますが月に何回もATMを利用する人には、あまり向いているとは言えません。
月にATMを何回も利用するなら、提携ATMなら原則、引き出し、預け入れは無料の新生銀行が向いています。

満期特約型定期預金は高い金利で安定

満期特約型定期預金は、預け入れ期間が長く、中途解約が原則としてできない事から、普通の定期預金よりも、高い金利が期待できます。現在、10年ものの金利が最初の5年は1.3%、銀行側の判断で預け入れ期間が延長された場合、後の5年は1.5%と、現在の経済情勢からは、考えられない金利です。
預金保護の対象内なので、銀行が破綻してしまった時でも、1000万円までの元金と、その利息は保護されます。
中途解約をする場合、高い解約料を支払わなければならないので、全く手を付けないお金のみを預けましょう。

また、満期特約型定期預金は、約定金利から経済情勢などでの変動はしません。
例えば、今10年ものの満期特約型を、1.6%の金利で約定した場合、3年後くらいに、金利が2%になっても、約定金利の1.6%が適用され、実質一般的な定期預金に預けていた方が、もらえる利子が高くなる場合もあるなど、元本割れする事はないものの、デメリットも考慮して利用しましょう。
定期預金に限らず、金融商品はメリット、デメリットがある事を忘れずに。

節約したら貯金しよう

貯金 節約 貯金 携帯 内職 貯金
inserted by FC2 system