節約したら貯金
貯金を増やすコツ

家計、節約、暮し

貯金を増やすコツ

月1万円から始めよう

節約と同様、最初から無理な貯金をすると、必ず後から息切れして、余計に無駄使いをしてしまいがち。
最初は月1万を目安に貯金しましょう。

慣れてきたら除々に増やす

慣れてきたら、5000円単位で、貯金する額を増やしましょう。
収入によっても違いますが、毎月20万の収入があるなら、月に3〜4万貯金が目安。
月に5万貯金できれば文句なしです。

気付いた時に1コイン

買い物をした際などに、余ったお金や、気が向いた時に、50円、100円、500円を、不要な缶などで貯金箱を作って貯金しましょう。
大した効果がないように思いますが、自分は月に3万円貯めた事もあります。

無駄使いする人にはオススメ

お金が貯まらない人に多いのが、車や家を掃除してると、いたる所で小銭が見つかる状況。
本当はきちんと管理した方がいいのですが、そういう癖が抜けきらないなら、見つけた小銭は使わずに、貯金箱に入れましょう。

ちりも積もれば山となる

お金は大切です。小銭も大切に。

月末の残りも当然貯金

前にも述べたように、月末、残ったら、すぐに使いたくなるものですが、残った分もすかさず貯金しましょう。

節約の効果がわかる時

月末のお金が残るという事は、ひとまず成功。また、もっと貯金もできるという事です。心とお金にゆとりがあるなら、貯金額を増やしましょう。
逆に、お金が足りない場合は、なにかを浪費している可能性があります。
計画と家計簿を見直しましょう。

ボーナスは極力貯金

ボーナスは生活費の足しにしない

支払いなどで、ボーナスをあてにしていませんか?支払いなどは、給料の範囲でやりくりし、ボーナスは「なかったもの」と思って、極力貯金に回しましょう。ただ、「自分自身」への貯金も忘れずに。貯金が増えるのは嬉しい限りなんですが、お金を全く使わないという事は、自分自身のストレスや、占いではありませんが、「悪い気」が溜まって、今後の仕事や家庭生活にかなり悪影響を及ぼすので注意。ストレス発散に、もらった額の20%くらいなら使ってもいいと思います。自分が「使いたい」と思って使うのは、いいお金の使い方です。

節約したら貯金しよう

貯金 節約 貯金 携帯 内職 貯金
inserted by FC2 system